読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komozaruの絵本

子どもの本棚にある本と小学校で読み聞かせをするために選んだ本を紹介します

「きたきつねのしあわせ」

 

きたきつねのしあわせ (いきるよろこびシリーズ)

きたきつねのしあわせ (いきるよろこびシリーズ)

 

 「きたきつねのしあわせ」
手島圭三郎 作・絵
絵本塾出版、2011年4月、32p

2年生に読み聞かせました。

寒い日が続いているので、「冬」とか「雪」とかそういうものをテーマにしている絵本にしようかなぁと選んでいるときに見つけた1冊です。
「きたきつね」=北海道=寒い、ということで。

まもなく死を迎えるおすのきたきつねの最後の1年の話です。
版画の絵がすばらしい。
北海道出身の私は、その絵を見て故郷の風景を懐かしく思い出しました。

最後につぶやくきたきつねの言葉が胸にじんときます。
自分んもこんな思いで人生を終わりたいなぁと思いました。

さてさて、子どもたちはどんなふうに感じてくれたかな…?