読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

komozaruの絵本

子どもの本棚にある本と小学校で読み聞かせをするために選んだ本を紹介します

絵本の定期購読 ~童話館とクレヨンハウスを利用して~

♪生後6ヶ月から年少の終わりまで・・・童話館
♪年中から小2~小4の12月まで・・・クレヨンハウ
 この2つのサービスを利用した個人的な感想です

子どもに本を読んであげたいけど、どんな本を選んだらいいのかわからない。
そんな思いを持っているお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。
私もそうでした。
自分が本を読むのが好きなので、子どもにもその楽しさを知ってほしいなぁと思っていました。
でも、子どもが生まれるまで本屋の絵本コーナーに行ったこともないし、絵本をじっくりみたこともなし…。子どもが好きそうな絵本って?? どうやって探せばいい??

童話館に決めた理由
一体どうしたらよいものかと思っていた時に、かかりつけの小児科で見つけたのが「童話館」の定期購読のパンフレット。家に帰ってからパンフレットをじっくり読み、ネットで他にもそういうサービスをしているところがないか探したりしました。そしていくつかのサービスの中から選んだのは、パンフレットをもらった「童話館」。7年も前のことなので、今となってはなぜ童話館を選んだのか忘れてしまいました…。パンフレットを読んで、代表者の方の子どもや絵本に対する眼差しがなんとも温かいなぁと感じたからかも知れません。

約4年間続けた童話館の定期購読
童話館を利用した感想は次の通りです。

◎良質な翻訳の絵本が届く
 本屋ではなかなか見かけないような翻訳の絵本が何冊も届きました。
 見つけたとしても、おそらく自分では決して手にしなかったと思います。
 例えば、

 

あかいくるまのついたはこ

あかいくるまのついたはこ

 

 

 

いっぽ、にほ…

いっぽ、にほ…

 

 

 

きんのたまごのほん

きんのたまごのほん

  • 作者: マーガレットワイズ・ブラウン,レナードワイスガード,わたなべしげお
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 大型本
  • 購入: 3人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

 

 絵も文章もすっと心に入ってくるような、そんな絵本が多かったです。

◎親向けの本に助けられた
 絵本と一緒に、年に何冊か育児関連の本も送られてきました。
 例えば、小児の病気に関する本、育児書などです。

病気の本は、子どものちょっとした異変に気づいた時、大変重宝しました。
例えば熱を出した時、子どもの様子をよく観察してこの本を読み、すぐに病院に行ったほうがいいのか、しばらく様子を見てからのほうがいいのか判断したことが何回もありました。

 

はじめてであう小児科の本

はじめてであう小児科の本

 

 

育児書には、子育てに行き詰まっていた時に「自分はこれでいんだ」という安心感をたくさんもらいました。巷にあふれる育児情報に惑わされるそうになったときは、いつもこの育児書を読んで「いやいや、この方向でやっぱり間違ってなかったぞ」と確認していました。

 

子どもへのまなざし

子どもへのまなざし

 

 

◎クリスマスの時期に届くプレゼントのパンフレットが楽しみ
クリスマスが近くなると、クリスマスプレゼントのパンフレットが絵本と一緒に届きました。
キャラクターもののおもちゃは全くなく、木でできたもの、素朴なもの、いくつもの遊び方ができるようなものばかりでした。自分が子どもに与えたいなぁと思うおもちゃが多かったので、パンフレットを毎年楽しみにしていました。

クレヨンハウスに変えた理由
4年間お世話になった童話館でしたが、子どもの年齢が上がるにつれて、だんだん童話館が出版している本が多くなったのでは?と感じるようになりました。実際に多くなったかどうかは確認したわけじゃないので、あくまでも私がそう感じただけですが。
それに4年間も利用したので、そろそろ別のものに変えてみてもいいのでは?童話館とは違う別の基準で選ばれた本を読むのもまた新鮮かも?と思い、クレヨンハウスに変えることにしました。

クレヨンハウスを選んだ理由は、
◎最初に定期購読のサービスを選ぶときの選択肢の一つだったので、
 名前を覚えていたこと
◎表参道にある店舗に実際に行ったことがあり、親しみを感じていたこと
◎地球に優しい、自然に優しいという方向でその他の事業を展開していること

クレヨンハウスの感想
◎基本ベーシックな選書、でもユニークな本もある
ベーシックな絵本からちょっとおもしろいお話の絵本まで、偏ることなくいろいろ届きます。

◎「クレヨンハウス通信」が楽しみ
毎月絵本と一緒に送られてくる「クレヨンハウス通信」。
新刊の絵本、読者からの感想などが載っています。
娘は絵本に関するところは必ず目を通しているようです。いいのを見つけると「買って!」と言ってきます。そう簡単には買ってあげませんがね。
私もこの通信を楽しみにしています。私がいつもチェックしているのは、大人向けの新刊コーナー。出版社の編集者が自ら本の紹介をしています。「女性の生き方」的な本が紹介さることも多いので、読みたい本をメモして図書館で借りています。
また、クレヨンハウスのレストランのレシピも載っているので、これも大いに参考にしています。

◎クリスマスプレゼントのパンフレットが素敵
童話館と同様、クレヨンハウスもクリスマスプレゼントのパンレットが届きます。
載っている商品は、ちょっと値段が高いけど、どれも長く使えそうな、良質のおもちゃばかりです。
毎年娘と一緒に見ています。まぁ、高いのでなかなか買ってあげることはできないのですが、見ていてほんとに楽しい!
私がいつか買いたいと狙っているのはクリスマスツリー。このツリー、本物の木なんです。今は置く場所がないから我慢していますが、いつか買いますよ〜。

サービスの内容はほとんど同じ
サービスの内容はほとんど同じです。
どちらも毎月1~2冊届いて、購読料は年間25,000円くらい(送料込)です。
送料がかかります。
代金は、私は口座引落を利用してます。
持っている本が届くときは、事前に連絡すれば別の本を送ってくれます。
小学校高学年、中学生になっても利用できるコースがあります。
クレヨンハウスは、英語の絵本のコース、大人の絵本のコースなどもあります。
毎年自動的に上のコースに進級します。

詳しいことは、それぞれのホームページで確認されるのがいいと思います。

童話館 ぶっくくらぶ
http://www.douwakan.co.jp/bookclub/beginners

クレヨンハウス ブッククラブ
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/bookclub.aspx

今でも毎月楽しみにしています
小さい頃は、本が届くと二人で一緒に楽しんでいました。抱っこされながら本を読んでもらうことは、娘には幸せな時間だったと思います。もちろん私も幸せでした。
最近は読み聞かせることはほとんどなくなりました。
小学2年生になった娘は「ひみつシリーズ」のような本ばかり図書館で借りて読んでいます。それでも毎月本が届くとすぐに封を切って読み始めます。

ここに書いたことは、あくまでも個人的な感想です。
絵本の定期購読を考えている方の少しでも参考になればうれしいです。